Hastings Castle 1066 Country

 

         1066年、ノルマンディー(現フランス北西部)からやってきた征服王、ウィリアムは、二つの城をヘイスティングスとペイヴェンシーに築きました。内ヘイスティングス城は、英国の歴史を大きく変えた「バトルでの戦い」の勝利によって、最初に迅速に築かれました。元々のヘイスティングス城は、土埃の様な土台の上に木造の塀で築かれ、これは当時ノルマン人がよく用いたプレハブ式住居で、ウィリアム王はこの便利さを好んで使用したと思われます。ウィリアムの即位は、1066年のクリスマスに行われ、それから、1070までに再度、聖マリア教会と一緒にイスティングス城は石造りで再築されました。

 

         ジョン王は、もし、ヘイスティングス城が王太子ルイの手に落ちるならば、城の破壊を命じていた。c1220、ヘンリーIIIは、ヘイスティングス城を再強化し、1287年まで運命に手を取られるまで栄えた。一年の多くは、南海岸には激しい嵐に見舞われ、この地域の柔らかい砂岩とヘイスティングス城の多くの部分が破壊された。これは、多くの伝統的な沿岸沿いの港が、同一に影響を受けた。ヘイスティングス全体がこの厳しい運命を受けた。

 

 


Afficher Hastings Castle sur une carte plus grande